雨の中でも快適!キャンピングカーで日帰りデイキャンプ体験【EAST WOOD CAMPのレンタカー体験レポート】

2020年9月から始まったキャンピングカーレンタル「EAST WOOD CAMP(イーストウッドキャンプ)」。
今回は貸し出し車両の中の一台、ミドルAクラス「トイファクトリーGT」を使って、日帰りで丹沢のオートキャンプ場へ行ってきました。

利用した日はあいにくの天気。というよりもこの日は台風が関東地方に近づいており、通常のキャンプでは中止にしてしまうような雨!

そんな天候のなか筆者は一人、頼れる相棒「トイファクトリーGT」と共にデイキャンプしてきました!

果たしてこんな雨の中デイキャンプ&バンライフは楽しめるのか?体験レポートです。

目次

市営地下鉄高田駅ロータリーで受け渡し&出発!

車両の予約や料金の支払いはすべてウェブで完結。あとは当日に受け渡し場所に行くだけです。

今回の受け渡し場所は横浜市港北区の横浜市営地下鉄高田駅ロータリーでした。

借りた車両は「トイファクトリーGT」というトヨタハイエースをベースにしたバンコン。

幅は1920ミリ、高さ2380ミリ、長さ5380ミリと通常の乗用車の一回り、二回り大きな車両のため、運転には少し気を使います。

ただし、車両の大きさを意識して走れば、ある程度運転経験のある方ならすぐに慣れてしまいますね。

各種注意事項などを担当者から受けたあとはいざ出発です!

目的地は丹沢。高速と一般道を使って約2時間の旅

目的地を事前にナビでセッティング。

目的地のオートキャンプ場「ウェルキャンプ西丹沢」までは、高田からだと東名高速道路「横浜青葉IC」から「大井松田IC」を経由して、国道246号、県道76号線を通るルートです。

ってナビが教えてくれます。

ほぼ一本道なので簡単なルートですね。

パーキングエリアで広々スペースが本領発揮

すぐに高速道路に乗れたので、車両の取り回しに問題なし。途中「海老名SA」に寄ろうかと思ったら混雑していたので「大井松田IC」手前の「中井PA」で休憩しました。

乗り慣れない車は緊張するので、小まめに休憩したほうがよさそうです。

キャンピングカーなら広々スペースでゆったりと休憩できますよ。

車窓からの雨の様子をうかがいながら、パソコンを広げてメールチェック、なんてこともできます。

山道は慎重に走りましょう

東名高速道路「大井松田IC」を下りたあとは、国道246号を経由して県道76号線へ。

県道76号線からは山道に入っていきます。

車高が高いので、カーブでのスピードに気をつけながら慎重に登りましょう。

丹沢湖を過ぎたあたりから現れるのが「すれ違い困難箇所」ステージ。乗用車一台しか通れない道幅の区間が連続します。

ただし見通しは良いので、対向車をしっかりと確認できれば、難なく通ることができます。

今回は運が良かったのか、対向車は2〜3台だったので、スムーズに通行できました。

山道を進んで「西丹沢ビジターセンター」が見えてきたら、

その先が今回の目的地ウェルキャンプ西丹沢です。

事前の調べでは最速1時間40分で到着でしたが、今回はいくつか休憩を入れたので、だいたい2時間で到着しました。

ウェルキャンプ西丹沢で雨の中デイキャンプ

キャンプサイトへ

今回はデイキャンプで予約をしていましたが、こんな雨の中キャンプする人は数えるほど、

ということで、ある程度自由に好きなサイトでデイキャンプできることに。

雨の中のキャンプもいいですね。
※雨量によってはここまでの山道が通行止めになってしまうので、事前に情報を集めて、無理のない予定を立てましょう

今回はこちらのキャンプサイトを選びました。

さすがキャンピングカー!設営が楽!

通常のキャンプだったら、まずはタープを張って、テーブル出して、イス出して、道具を並べて、、、、と正直雨の中はちょっとしんどい作業が待っています。

しかしそこはキャンピングカー「トイファクトリーGT」!

サイドオーニングをくるくると出せばそれだけで屋外作業スペースが完成します。

リアゲートも大きく開くので、それだけでも屋根になりますね。

あとはゆっくりとテーブルとイスを出して設営完了です。

キャンピングカーには手軽なアウトドア料理がおすすめ

キャンプというと、炭を使ったバーベキューやたき火など道具を多く使いがち。

もちろんキャンピングカーは荷物をたくさん積めるので、道具をいっぱい持ってくるのも一つの楽しみですが、

今回は一人だし、あくまでもキャンピングカーで快適に自然の中で過ごすのがテーマなので、ガスコンロを使った簡単な料理を楽しみました。

1品目はホットサンド。

ホットサンドメーカーがあれば簡単にできますね。

そして2品目はEAST WOOD CAMPのオプションでレンタルできる「カリタ ニューカントリー102」を使ったコーヒー。

最後はホットサンドメーカーを使ったフレンチトースト。

フレンチトーストだけは家で卵に付けてきた食パンを使いました。

「トイファクトリーGT」には大きめの冷蔵庫が内蔵されているので、

食材や飲み物を気軽に持ってこられますよ。

雨が強くなってきたので車内に避難

さて、料理を食べようといったところ雨と風が強くなってきたので、すぐに撤収。

天候にあわせて、車外・車内を使い分けられるのは本当に便利です。

FFヒーターも内蔵されているので、雨に濡れて少し冷えても、エンジンを掛けずに車内を暖めることができます。

換気扇も付いているので、車内でもガスコンロを使えますよ。

さあ車窓から外の景色を優雅に眺めながらコーヒータイムです。

雨脚がさらに強くなってきたので完全撤収

車内でウトウトとしていたら、屋根を叩く雨の音が大きくなってきたので、ここで撤収。

といっても外に出している物はないので、

車内を少し片付けるだけで完全撤収です。

帰りに温泉でも入ろうと調べると、この近くには「中川温泉 ぶなの湯」と「丹沢ホテル時之栖 日帰り温泉」がありました。

「中川温泉 ぶなの湯」のほうがキャンプ場から近かったので、今回はこちらへ。

駐車場の枠が少し狭いので混雑時のキャンピングカーの駐車は注意が必要です。

帰りの休憩もキャンピングカーならでは

それでは一路横浜へ。といきたいところが、朝が早かったのと温泉の温かさで眠気が。

こんなときは大事を取ってサービスエリアで休憩しましょう。

今回はアウトドアピローとブランケットを持ち込んだので、車内のベッドスペースで20分ほどぐっすり仮眠しました。

こうして気軽に仮眠できるのもキャンピングカーならではですね。

でもくれぐれも長時間駐車はしないようにしましょう。

キャンピングカーレンタルでの注意事項

最後にキャンピングカーをレンタルする上での注意事項をいくつか紹介します。

車両の大きさを確認

ハイエースベースとはいえ、やはり車体は大きいです。特に長さがあるので、駐車や右左折の際は注意が必要です。

あとは高さで、屋内の駐車場や施設に入る際は、車両が入れるスペースかどうかしっかりと確認しましょう。

ETCとサイドブレーキ

出発時に確認しておいた方がいいのが、ETCとサイドブレーキ。

この車両のETCはフロントガラス上、サイドブレーキはステッキ式なので、必ず確認しましょう。

車両設備の水道の排水

車両には水道が付いていますが、この水は給水・排水のポリタンクに入れて使います。貸し出し時は給水タンクも排水タンクも空で、返却時も両方とも空にします。

キャンプ場で給水タンクに水を入れることはできますが、キャンプ場によっては排水を捨てることがNGのところも多いです。

今回のキャンプ場も確認したところ排水はNGでした。なるべく自宅の水道で排水を処理するようにしましょう。

まとめ〜バンライフって楽しい!〜

仮眠もしっかりととって無事横浜へ。

EAST WOOD CAMPの担当者と連絡を取って、返却予定時間前にガソリンを満タンに、そして車内で使用した水のタンクを空にしました。再び高田駅のロータリーで返却して、今回の日帰り旅は終了となりました。

運転は最初緊張しましたが、それ以上にバンライフの楽しさを実感。

今度は泊まりで使ってみたいですね。

ありがとうございました。

こちらの車両を予約をされたい場合はEAST WOOD CAMPのウェブサイト からどうぞ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

一般社団法人日本オートキャンプ協会認定 公認オートキャンプ指導者

コメント

コメントする

目次
閉じる