【レジャーに最適】快適過ぎるバンコン、ホライズンの機能を紹介

最近人気のキャンプに家族で出かけたい!

でも移動で混み合うのは不安…。

そんな方にオススメなのがバンコンでのオートキャンプです。

今回はキャンプ初心者な主婦がレンタルから実際に使った感想をご紹介致します。

これからのレジャー時期にバンコンを利用を検討している方は参考にしてみてください!

目次

今回使用したバンコンはこちら!フジカーズジャパン製FOCS HORIZON(フォックスホライズン)

今回、キャンピングカーレンタルの株式会社イーストウッドキャンプさんで利用したのは

「フォックスホライズン」というハイエースをベースに架装を備えたキャンピングカーです。

全国でキャンピングカーの販売店を展開するフジカーズジャパンが製作、販売しておりFOCS(フォックス)シリーズはバンコンの中でも販売台数が多く、
購入を検討するユーザーからの人気が高いキャンピングカーと言えます。
そのような人気車種をレンタルで体験できるのはバンコンファンにとって魅力的なサービスではないでしょうか?

ホライズンは後部座席がかなりゆったりとしており、イーストウッドキャンプのレンタル車両の中で一番荷物が多く積めます。

シートのレイアウトを自由に組み換えられるなど、ファミリーやグループでの旅行にもピッタリですね。

ベットのサイズ 183cm×122cm 185cm×146cm
就寝定員 4名
天井までの高さ 1,600mm

ベットが二つとひろめでマットレスをしており、
天井までの高さもあり、車内も広めに設計されております。

設備もしっかりしており、居住性が高いのが特徴です。

レンタルの料金について

レンタル料金はシーズン毎の基本料金+休日割増(5,000円/1日)、そして自分でプラスしたオプション料金のみとかなりシンプルなものでした。

ちなみに1泊2日の最長レンタル時間は初日の朝9時〜翌日の21時までの36時間借りることができ、営業時間外の受け渡しオプション(各3,000円)もオプションで選択出来るそうです。

また、2泊以上の場合連泊プランも用意されているので、大型連休に家族でのんびり過ごしたい時にお得に利用できます

車両の受け渡し場所について


車両の受け渡しは基本的に下記の住所にある駐車場で行われます。

住所:神奈川県横浜市都筑区東山田町110

私は今回初めて行ったのですが、ローソンを目印に向かうとスムーズに見つけることができました。

駐車場には受付施設などはなくて一見普通の駐車場です。


スタッフの方が自家用車を停める場所へ誘導してくださるので、そちらでレンタルする車両の動作説明や荷物の積み込みを行います。

乗っていった自家用車は無料で預かっていただけました。

ただし保管中に発生した当社の責任によらない盗難や故障などの損害については自己責任です。

「ホライズン」の魅力的な機能は?


それでは「ホライズン」の特徴や機能を実際にキャンプをしている様子と合せてご紹介します。

広い車内とソファからの寝床まで、雰囲気を変えるシート

ホライズンの魅力は何と言っても広い車内と優雅なシートです。

2列目のソファは前向きにしてモニターや運転の風景を楽しむ他、後ろ向きにすれば後方のソファとL字になり、車内でゆったりと談笑したり楽しい時間を過ごせる仕様になっています。

また、シートを全て倒して車内後方に収納されたマットを設置すれば、上段と下段で各2名ずつ横になれる寝床になります。

マットもかなりしっかりしていて

「底が抜けそう」

「車の固さがダイレクトに伝わる」

など、車中泊で心配される寝心地は問題ありませんでした。

私は主人と上段に並んで寝ましたが、寝相のひどい夫婦でも窮屈さは感じないくらい広かったです。

また、マットも厚くて一日観光で歩き回った私はもちろん、ずっと運転をしていた主人も腰の痛みも感じずぐっすりでした。

便利なサイドオーニング


クルマの横に付いているサイドオーニングはTHEキャンプな雰囲気が出て、テンション上がりますね。

車両の後方にある金具に備え付けの工具をさして回すだけで開閉ができます。

私1人でも広げやすく、旦那さんが力仕事をしている合間などにサッと準備ができました。

日を避けての食事や急な雨からの避難などキャンプの幅が広がりますので、是非活用してほしいです。

注意点として、故障の原因になりますので、強い雨や強風時は使用しないようにしましょう。

(写真では木に近い区画だった為完全に開ききっていませんが、それでも家族3人が入るには充分でした。)

水回りや冷蔵庫の装備


車内での調理や水を使えるのはキャンピングカーの醍醐味ですよね。

ホライズンのシンクは通常時は畳んで仕舞っているコンパクトな作りとなっております。

容量は小さめですが、料理の際の簡単な洗い物には十分な大きさでした。

給水タンクに水を溜めていれば、車内で自由に水を流すことができます。

排水タンクも同じ場所に設置されていますので間違えないように注意です。

完備されている冷蔵庫は、バッテリーの電源を入れてダイアル式のスイッチを入れを捻ればすぐに使えます!

容量は500ml缶も余裕で入る大きさです。

深さもあるので食材を分けて収納するなど使えるスペースが多く魅力的です。

しっかり遮光できるカーテン&窓で快適


全方位に窓を覆うカーテンは、遮光性も高くフロント面までしっかり用意されています。

私が行ったオートキャンプ場では、消灯時間がなかった為、自分の車から光が漏れていないか心配していたのですが、問題なく過ごせました!


車内から開閉できる窓は目隠し仕様と網戸仕様で使い分けができます。

カーテンと併せて着替えや就寝時には、目隠しとしてプライバシーが守れるので安心です!

サブバッテリー


キャンピングカーで上記で紹介した冷蔵庫や電子レンジなどを使用する際は、サブバッテリーや外部電源から電力を流しています。

サブバッテリーとは、クルマの走行用とは別に搭載しているバッテリーで、エンジンがかかっていない状態でも電気が使用できる予備電池のことです。

ホライズンではバックドアの側面にスイッチとパネルがあり、常時チェックすることができます。

特に「FFヒーター」はキャンプ初心者さんにはオススメです。

山の天気は読めない場合が多く、用意していた寝具だけでは夜寒くて起きる…なんてこともあります。

私が4月の中旬に利用したときはちょうど気候が良かったので寝袋1枚(こちらもイーストウッドキャンプさんでレンタルしました)で過ごしました。

寝具を何一つ持って行かなかったのですが、こちらも軽くて暖かいので助かりました。

それでも朝方はひんやりしてFFヒーターを使ってもよかったかも?と思えるくらいでした。

その他の装備詳細は以下の通り

FFヒーター エンジン停止中でも使用でき、エアコンよりも素早く室内を温めることができる燃焼式ヒーターです。 ベース車の燃料を使用するため給油の手間が不要で、燃料1リットルあたり約8時間(最高出力で約4時間)の稼働ができるなど、省エネ 性能にも優れています。
ルーフベント キャンピングカーの屋根に取り付ける換気扇のようなものです。 夏場はどうしても車内が熱くなりがちなキャンピングカーですが、屋根にルーフベントがあると、車内上部の熱い空気を強制的に外に排出してくれて、窓から涼しい空気を取り入れられるので、やや涼しく感じられます。
インバーター バッテリーから送られてくる電気を一般家庭用の電気に変換してくれる機器です。

初心者だからこそ気になったポイント


私が実際にキャンプシーンで使って、気になったところを紹介します。

注意点① 電源付きの区画でないと電力が不足するかも


今回は事前に調理する野菜は火を通して持って行ったのでほとんど活用しませんでしたが、

電子レンジや冷蔵庫を多く使いたい場合はサブバッテリーのみでは若干電力が不足してしまうのかな?と思いました。

電子レンジを使用するシーン

・食材に早く火を通したい

・冷凍食品をお肉を解凍したい

・朝ごはんを温めて食べたい

上記のように電子レンジを多く使用したい方は「電源付きのオートキャンプ区画」を利用することをオススメ致します!

特に朝ごはんは火起こしができない場合もあるので、初心者の方はケトル(持参)や電子レンジを使用した方がバタバタしないかな、と感じました。

私達は電源付のキャンプサイトではなかったので活用できませんでしたが、外部電源の差し込み口を利用すれば、キャンプ場の電源を使用できて有意義なキャンプになります!

注意点② 乗り降りの時に高く感じる


ホライズンは車高が高い為、乗り降りが大変な場面がありました。

また乗り降りではないのですが、152㎝くらいの身長でトランクを閉める際のロープに届かず…ジャンプしたり、旦那さんに任せていました。

慣れない高さでなれないと足を痛めてしまうこともあると思うので、心配な方は折りたたみができる踏み台などあれば安心かと思います。

まとめ


今回はイーストウッドキャンプさんでお借りした「ホライズン」のレビューをさせていただきました。

憧れのキャンピングカーでしたが、想像以上に快適で1泊では使いきれないくらいに設備も充実しており、楽しい時間を過ごすことができました!

また、イーストウッドキャンプさんは車両の機能が充実している点や返却までの融通が効き、大手のレンタル会社さんよりお得に感じました。

次回は連泊プランでの利用や今回活用できなかった機能も堪能したいです。

皆さんも是非、人混みを避けつつレジャーを楽しめるレンタルキャンピングカーで楽しい時間を過ごしてくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる