神奈川で乗り入れ可能!おすすめオートキャンプ場〜相模湖・三浦・箱根編〜

オートキャンプ場の中でも山間ではなく、水辺の近くにあるキャンプ場は少ないのではないでしょうか。
この記事では神奈川県の中でも相模湖・三浦・箱根エリアと湖や海に近いエリアで家族で楽しめるオートキャンプ場について紹介します。

目次

【神奈川】相模湖エリアのおすすめオートキャンプ場

相模湖周辺は横浜市内から約1時間30分で到着するため、都市部ではないもののアクセスがしやすい場所です。
相模湖にはプレジャーフォレストというリゾート施設があり、絶叫つり橋や観覧車などを備えたスポットもあるため子どもから大人まで楽しめるます。
そんな相模湖近くにあるキャンプ場について紹介します!

相模湖休養村キャンプ場詳細

料金
フリーサイト ¥1,000/人
車乗り入れ(普通車) ¥1,000/普通車

参考サイト:https://www.nap-camp.com/kanagawa/11645
乗り入れ可能車両:乗用車・ トレーラー・ キャンピングカー

相模湖休養村キャンプ場は林道を利用したキャンプ場です。
ほぼ自然のままのサイトなので大自然を満喫することが可能です。
オートフリーサイトは30台ほどありますが、サイト同士が見えないよう木々の間にひっそりと作られているのも安心ポイント。
レンタル用品として毛布やバーベキュー用品もありますので、食材を持ち込みワイワイとした食事を楽しむのはいかがでしょうか。

公式のホームページはなく、Googleマップで調べた電話番号へ事前連絡をしました。通年営業ではなく凍結する時期は休業するとのことですが、時期はその年によってまちまちとのことです。最新の状況は電話で確認されることをお勧めします。

電話番号:042-685-1371

【神奈川】三浦エリアのおすすめオートキャンプ場

横須賀の先にある神奈川県三浦市。
マリンパークや灯台など海に関する施設が豊富なエリアです。
海を臨む施設が多いですが、特におすすめの施設「長井海の手公園 ソレイユの丘」を紹介していきます!

長井海の手公園 ソレイユの丘詳細

ソレイユの丘の魅力はなんといってもテーマパークの中にあるオートキャンプ場という点。
入場料無料で、観覧車やメリーゴーランドをはじめとした遊園地・おもしろ自転車や芝そりが楽しめるゲレンデなど子どもたちが遊べるスペースがたくさんあります。

有料のエリアもありますが、大型のアスレチックやじゃぶじゃぶ池も無料で楽しめます。
オートキャンプ場にはキャンプの土台となるデッキが備え付けられているタイプとデッキなしのタイプを選ぶことが可能。
レンタル品には手ぶらでキャンプが楽しめるセットもあり、キャンプ道具がそろっていない人でも買い足す必要がありません。

デッキ有り デッキ無し
ハイトップシーズン ¥8,000 ¥7,500
トップシーズン ¥7,000 ¥4,500
オフシーズン ¥6,000 ¥3,500

公式ホームページ:https://www.seibu-la.co.jp/soleil/
乗り入れ可能車両:乗用車・キャンピングカー・バイク

基本料金の中にはテント1張り、タープ1張りまでの利用が可能です。
上記はオートサイトのキャンプ料金ですが、バンガローやフリーサイトでの宿泊も可能です。
ただ、バンガローとフリーサイトは車両の乗り入れが禁止されているため、キャンピングカーなどは駐車場を利用することになりますのでご注意ください。

料金(税込み)1泊1台あたり
普通車 ¥1,000
バイク(51cc以上) ¥400
大型車(車高2.7m以上) ¥2,500

基本料金とは別に駐車料金が必要になり、1区画(1棟)につき1台のみの利用となりますので注意。

【神奈川】箱根エリアのおすすめオートキャンプ場

温泉地や観光スポットとしても有名な箱根。
山間部はもちろん芦ノ湖などのエリアは景観もいい場所です。
芦ノ湖付近にはリゾートホテルに宿泊される方も多いですが芦ノ湖を堪能できるキャンプ村を紹介します。

芦ノ湖キャンプ村 レイクサイドヴィラ詳細

宿泊(1区画) 日帰り
オートサイト(電源付き) ¥6,000~¥13,500/泊 ¥3,600~¥8,100
オートサイト(電源なし) ¥4,500~¥10,500円/泊 ¥2,700~¥6,300

公式ホームページ:https://campmura.com/
乗り入れ可能車両:乗用車・キャンピングカー・バイク

レイクサイドヴィラでは初心者でも手軽に宿泊できるバンガロータイプとオートサイトタイプの宿泊が選べます。
オートキャンプ場の近くにはバーベキューガーデンやファイヤーリングスペースなど火をつかって楽しめるエリアが専用に設けられているのも特徴です。
芦ノ湖はとても大きな湖で、四季折々の花や山鳥たちの観察にはうってつけ。
レイクサイドヴィラにはレンタサイクルもあるため、家族でサイクル散策を楽しみましょう。

また共用スペースには共同浴場もありますので入浴してみてはいかがでしょうか。
見た目も内観も素朴な印象ですが、自然を満喫したあとに入る大きなお風呂は最高の気分を味わえます。

相模湖・三浦・箱根エリアおすすめオートキャンプ場まとめ

神奈川県の中でも水辺にあるキャンプ場について紹介しました。
キャンプ場の中には最低限のシンプルな機能しか備わっておらず小さなお子さんは退屈することも多いかもしれません。

しかし今回ご紹介した施設にはアトラクションが近くにあり1日中あきることなく遊べる施設になっています。

お子さんと一緒に宿泊の計画をたてながら、キャンプライフを楽しんでいただければ嬉しいです!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる